スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クリスマス・キャロル」を観てきました

きむきむのぷーある日記_ブログランキング1 ← クリックをお願いします


先日、Disney映画「クリスマス・キャロル」を観てきました。

実は、チャールズ・ディケンズの
名作「クリスマス・キャロル」を題材にした映画は、
20年くらい前に学校の行事で観たことがありました。

今回、同小説を題材にした映画が
Disneyにより制作されたことを知り、
かつて感じた、何か温かい気持ちが思い出されてきました。

ということで、新作「クリスマス・キャロル」の公開が
待ち遠しくてなりませんでした。

本作は、
 ・3D版(吹き替え)
 ・通常版(字幕)
の両方が選べるようになっており、
今回は通常版を観ることにしました。

通常版といっても、全体がCGで構成されており、
実写では撮ることができないダイナミックな映像が
場面場面を盛り上げてくれます。
でも、肝心の「あのとき感じた温かい気落ち」は
それほど湧いてくることはありませんでした。
肝心の、スクルージ爺さんが改心する過程が
ずいぶんおろそかに描かれているような…。
逆に、派手な「追っかけ」シーンには
必要以上に力が入っていたのに。

CGによるダイナミックな映像と3Dによる演出で、
製作者は満足してしまったのか。
この作品にはもっと大事な「何か」があると思うんだけど、
どこかに忘れてきちゃったのかな。

急に、「クリスマスキャロル」を題材にした
古い映画を観たくなってきました。
調べてみるとけっこうあったので、
どれか買ってみようかと思います。

<関連サイト>
   クリスマス・キャロルオフィシャルサイト
     Disneyによる公式サイト


きむきむのぷーある日記_ブログランキング1 ← クリックをお願いします


クリスマス・キャロル [DVD]クリスマス・キャロル [DVD]
(2007/11/22)
サイモン・キャロウ

商品詳細を見る


クリスマス・キャロル (トールケース仕様) [DVD]クリスマス・キャロル (トールケース仕様) [DVD]
(2003/10/25)
マイケル・ホーダーンジョン・ル・メスリエール

商品詳細を見る


クリスマスキャロル [DVD]クリスマスキャロル [DVD]
(2005/11/25)
ケルシー・グラマージェイソン・アレキサンダー

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 映画の感想
ジャンル : 映画

ALWAYS 続・三丁目の夕日

遅ればせながら、昨日近所の映画館で
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞してきました。
本作品は、前作から4ヵ月を経た昭和34年4月の
東京を舞台としたホームドラマです。
ということで、レトロ好きの私にとっては
これ以上ない題材となっております。

話の内容は…実際に映画館でご覧ください。
安定感抜群の「横綱相撲」で、私は涙、涙でした。
涙もろいのは年齢的なものもあるのでしょうか…。
よくわかりません。

あと圧巻だったのは、当時の様子を再現したCG処理です。
羽田空港、東京駅、特急「こだま」号、高速道のない日本橋。。。
本当に昭和34年にタイムスリップしたみたいでした。

本作品は、一昨日にテレビでみた
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』と同様に
みている間は気持ちの高揚があるのですが、
映画が終わってしまうと
「我々の生きている時代は一体何なんだ?」といった
一抹の空しさが込み上げてきます。
懐古主義といった批判もあるかもしれませんが、
今の世の中の在り様を見ていると、
本作品が生まれ、好評を博してきたのも
当然のことように思えてきます。

本作品の結末をみると続編はなさそうにも思えますが、
またいつか「三丁目」の世界に浸ってみたい…
そんなことを思わせる一本でした。


<<作品情報>>
(スタッフ)
 監督・脚本・VFX:山崎貴
 原作:西岸良平『三丁目の夕日』
 企画・制作:ROBOT
 製作:『ALWAYS 続・三丁目の夕日』製作委員会
(出演)
 茶川竜之介:吉岡秀隆
 石崎ヒロミ:小雪
 古行淳之介:須賀健太
 鈴木則文:堤真一
 鈴木トモエ:薬師丸ひろ子
 鈴木一平:小清水一揮
 星野六子:堀北真希
 大田キシ:もたいまさこ
 宅間史郎:三浦友和
(関連サイト)
   ALWAYS 続・三丁目の夕日
   ALWAYS 三丁目の夕日


<<追記>>
家に昭和34年7月の時刻表がありましたので、
当時の「こだま」号の運転時刻と編成を紹介します。
現代の所要時間等と比較すると面白いかもしれません。

(第1こだま)東京→大阪
  東京7:00→横浜7:23/7:24→名古屋11:28/11:30
  →京都13:17/13:19→大阪13:50着
(第2こだま)東京→神戸
  東京16:00→横浜16:23/16:24→名古屋20:28/20:30
  →京都22:17/22:19→大阪22:50/22:55→神戸23:20
(編成)第1こだま・第2こだま
  1号車:3等車
  2号車:3等車
  3号車:3等食堂合造車
  4号車:2等車
  5号車:2等車
  6号車:3等食堂合造車
  7号車:3等車
  8号車:3等車

劇中、石崎ヒロミが乗っていた列車は神戸行でしたので、
第2こだまということになりますね。


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
(2006/06/09)
吉岡秀隆、堤真一 他

商品詳細を見る



ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版ALWAYS 三丁目の夕日 豪華版
(2006/06/09)
吉岡秀隆、堤真一 他

商品詳細を見る





三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)
(2007/10)
不明

商品詳細を見る



ALWAYS 続・三丁目の夕日 オリジナル・サウンドトラックALWAYS 続・三丁目の夕日 オリジナル・サウンドトラック
(2007/10/24)
サントラ

商品詳細を見る


テーマ : ALWAYS 続 三丁目の夕日
ジャンル : 映画

幸せのレシピ

29日に近所の映画館で『幸せのレシピ』を
観てきました。
この日は全国ロードショーの初日とあって、
なかなかの人の入りでした。

内容については映画館等で実際に観ていただくとして、
話の展開に派手な転調がなくて
比較的まったりと楽しめたような気がします。
前回観た『レミーのおいしいレストラン』と同様、
ストーリーに「食」が絡むことで
作品に奥行きが出てきていると思われます。

本作は『マーサの幸せレシピ』(2001年,ドイツ)の
リメイク作品でもあります。
こちらはまだ観ておりませんので、
これからチェックしてみようと思います。

ところで、主人公ケイトが姪っ子のゾーイと
暮らすことになって悪戦苦闘するシーンを観て、
『クレイマー、クレイマー』(1979年,アメリカ)を
思い出しました。
まぁ、映画初心者なのでご勘弁ください。

―――――――――――――――――――――
作品情報
・出演
  ケイト:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
  ニック:アーロン・エッカート
  ゾーイ:アビゲイル・ブレスリン
  セラピスト:ボブ・バラバン
  ポーラ:パトリシア・クラークソン
・スタッフ
  監督:スコット・ヒックス
  脚本:キャロル・フックス
  音楽:フィリップ・グラス
―――――――――――――――――――――


<関連サイト>
   幸せのレシピ
      ワーナー・ブラザースによる公式サイト。
   マーサの幸せレシピ
      アミューズピクチャーズによる公式サイト。


○Keyword
  映画鑑賞・幸せのレシピ・マーサの幸せレシピ





映画「幸せのレシピ」オリジナル・サウンドトラック 映画「幸せのレシピ」オリジナル・サウンドトラック
サントラ、マイケル・ブーブレ 他 (2007/09/19)
ユニバーサルクラシック

この商品の詳細を見る



マーサの幸せレシピ マーサの幸せレシピ
マルティナ・ゲデック、セルジョ・カステリット 他 (2003/05/23)
東芝デジタルフロンティア

この商品の詳細を見る


レミーのおいしいレストラン

土曜日に近所の映画館で
『レミーのおいしいレストラン』をみてきました。

きむきむのぷーある日記_レミーのおいしいレストラン


作品の内容をほとんど知らないで映画館に向かったのですが、
なかなか面白かったと思います。
いい時間を過ごすことができました。

ディズニー映画にあまり触れたことのない私ですが、
『ファインディング・ニモ』はみたことがあります。

両作品に共通することは、美しい映像と豊富なキャラクター、
そして終盤に「ほろっ」とさせられる話の展開でしょうか。

ディズニー作品を鑑賞する機会を増やしていきたいです。


・追記
 月に何度か東京メトロ・飯田橋駅で、
 線路脇を歩いているネズミを見かけます。
 遠くから見るぶんにはいいのですが、
 近くに来るとちょっとキビシイかも。
 映画ではあんなに可愛かったのにねぇ。


<関連サイト>
   レミーのおいしいレストラン
      Disney/Pixarによる公式サイト
   ゲームソフト「レミーのおいしいレストラン」
      THQジャパンによる公式サイト


レミーのおいしいレストラン完全ガイドブック レミーのおいしいレストラン完全ガイドブック
神戸 万知 (2007/07)
フレーベル館

この商品の詳細を見る



レミーのおいしいレストラン レミーのおいしいレストラン
()


この商品の詳細を見る



ファインディング・ニモ DVDコレクターズ・ボックス ファインディング・ニモ DVDコレクターズ・ボックス
アンドリュー・スタントン、 他 (2004/06/18)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る





○Keyword
  レミーのおいしいレストラン・ディズニー映画

映画 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』をみてきました

昨日、近所の映画館で
『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 を
みてきました。

私は、連続テレビドラマ(速水もこみちさん主演)から入り、
リリー・フランキーさんの原作本を読んで、
そしてこの映画ということで、、、
本作品に接するのは三度目です。

ということで、今回も涙、涙でした。

映画版では、涙を誘うことよりも、
オカンとボクの間に流れる静かな時間を描くことに
力が注がれていたような気がします。
ですので、心の中の"なにか"も、
「わ~っ」とではなく「じわじわ」と
くるような感じでした。
そして最後に流れる、福山雅治さんによる
主題歌『東京にもあったんだ』が
とても心に染みてきました。

私のみでなく、スクリーンの前に座っている皆さんも、
よい時間を過ごすことができたのではないでしょうか。

また、話の展開の中で何度か出てくる"分身"には
賛否両論が出てきそうですが、
過去と現在を織り交ぜながら展開していく
物語の"接着剤"としての演出だったのでしょう。

ところで、映画版のオカンを演じていたのは、
内田也哉子さんと樹木希林さんでした。
さすがに親子ということもあって、顔もそっくりで、
その分時間が連続して流れているような感じがして、
演出としては大成功だったような気がします。

そして、オトン役の小林薫さん。
最近は『美の巨人たち』(テレビ東京系)のナレーションで、
その渋いお声を耳にすることができますが、
俳優さんとしてもかなりの方だと思っております。
オトン役といえば、連続テレビドラマ版での
泉谷しげるさんの演技が光っていただけに
難しいかとは思いましたが、
こちらの心配を完全に裏切ってくれた演技でした。
素晴らしかったです。

さらに、ボク役のオダギリジョーさん。
本作品の原作者である、リリー・フランキーさんの
感じがよく出ていました。
実は、役者さんとしてはあまり注目したことが
なかったのですが、
彼が紡ぎだす「静」の演技に
かなり魅了されてしまいました。
今後のご活躍に注目していきたいと思っております。


大人になっても自分の母親に対して、
こうして素直な気持ちで接することができること、
これはすごいことだなぁと思います。
本作品に触れると、いつも考えさせられます。


<関連リンク>
 ROCK’N ROLL NEWS
  (リリー・フランキーさんの公式サイト)
 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 公式サイト
  (映画『東京タワー~』の公式サイト)
 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  (フジテレビ系ドラマ『東京タワー~』の公式サイト)
 東京タワーホームページ
  (日本電波塔株式会社による公式サイト)


東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー (2005/06/28)
扶桑社

この商品の詳細を見る



+act. 11 (2007)―visual movie magazine (11) +act. 11 (2007)―visual movie magazine (11)
(2007/03)
ワニブックス

この商品の詳細を見る



東京にもあったんだ / 無敵のキミ(初回限定盤)(DVD付) 東京にもあったんだ / 無敵のキミ(初回限定盤)(DVD付)
福山雅治 (2007/04/11)
ユニバーサルミュージック

この商品の詳細を見る



東京にもあったんだ / 無敵のキミ(通常盤) 東京にもあったんだ / 無敵のキミ(通常盤)
福山雅治 (2007/04/11)
ユニバーサルミュージック

この商品の詳細を見る



↓↓↓「記事の内容に満足した!」と思われた方はクリック願います
ブログランキング

テーマ : 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
ジャンル : 映画

時刻と日付




プロフィール

 むきむきにーやん

Author: むきむきにーやん


森永エンゼルパイのCMに出ていた
ムキムキマン(対馬誠二さん)とは
何の関係もない人間です。
ムキムキマンのプロフィールは
  『元祖ムキムキマン』
をご覧ください。

(注) 管理人の体が「ムキムキ」
  という意味ではありません。


改名の経緯につきましては
こちらをご覧ください。

<プロフィール>
1974年 広島県広島市生まれ
1987年 広島市立神崎小学校卒

ブログランキング
記事の内容が面白かったら 投票してくださいね。 ↓↓


FC2Blog Ranking


FC2カウンター
(17/03/2007~)
Special Thanks!


芸能証券 芸能トレンドポータル


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ検索

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ




リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。